気疲れしない節約術 スマホの見直し

色々な節約術がありますが、1円にこだわって遠くのスーパーまで足を運ぶのは労力にふさわしいとは言えません。
気付かれなく節約するにはどうしたらよいか。いろいろな節約術を試しましたが、もっとも効率的なのは、固定費を見直すことです。スマホを格安の携帯にするのは本当に助かりました。
以前は、ドコモのガラケーでパケ放題の契約でした。それで月々6000円ほど、毎年72,000円ほどかかっていました。しかしながら2年ほど前に、格安スマホのtone mobileに契約を見直しました。
現在の支払いは、基本使用料と故障の際の安心プランで1,600円ほど。年額では19,200円となり、ドコモと契約していたときに比べて、52,800円の節約になっています。
通信速度であったり、TSUTAYAの店頭で可能なサービスの制限はあります。以前、支払い方法の変更で立ち寄った際、ここでは取り扱いかねるとのことで、カスタマーセンターの電話番号をいただきました。きちんと自分で下調べしなければ無駄足を踏んでしまったケースでした。
節約術は様々ですが、固定費の見直しは年単位で考えると大きな差がでます。収入を変えていくのは難しいかもしれませんが、支出分を見直すことで大きな効果があります。
自分が何にお金を使っているのかをひとつひとつ見直すことで、気疲れしない節約になるのでおすすめです。